Home > Tags > 部屋を広く見せる

部屋を広く見せる

上級者は“抜け”を作る!

色やデザイン・特定のテーマなど、緩やかながらも“共通項”のようなものを持たせることで、部屋全体に心地良い「統一感(まとまり)」を作り出すことが大切です。 そ… Continue Reading

キッズスペースは整理整頓を徹底させる

リビングは来客などもあるため、常に清潔で整理されたスペースを保っておく必要があります。 そんなリビングルームに設けるキッズスペースでは、特に「整理整頓」を意識して、子供に徹底させる… Continue Reading

“クローゼット”を計画的に利用する

ベッドルームにはハンガーや衣類収納庫がまとめられた「クローゼット」が付属しているのが一般的です。 しかし、そんなクローゼットを効率的に活用するためには、いろいろと細かなテクニックが… Continue Reading

ベッド以外の家具はなるべく置かない

ベッドルームの主役は、何といっても「ベッド」に尽きます。 よって、自分の“定位置”となるベッドを、出来る限りゆったりとしたスペースに配置してあげるためにも、不必要な他の家具はなるべ… Continue Reading

座卓・ちゃぶ台すら置かない

日本人ならば、畳の部屋で思いっきり寝転がる心地良さを覚えている人は多いかと思います。 ラグやカーペット、フローリングなどとはまた違った、畳の質感や独特の香りに包まれて、手足を大きく… Continue Reading

「押入れ」をムダにしないための3つの活用テクニック

マンションなどでも特に上手に活用できていないスペースの一つが、和室に備え付けの「押入れ」です。 そもそも和室は収納スペースをそれほど必要としていないため、押入れの効果的な活用法が見… Continue Reading

思い切って何も置かない

一般的なマンションの間取りの中でも(リビングやダイニング・ベッドルームなどと違い)比較的決まった役割を与えられていない“和室”という空間は、出来る限り余計な家具を置かずにしておくの… Continue Reading

ダイニングテーブルの上にモノを置かない

ダイニングテーブルのような“広い水平面”は、出来る限り何も置かない状態を保つというのが基本です。 広い面が見えていると、部屋全体がスッキリとした印象になることは、床だけでなくダイニ… Continue Reading

背の高い家具を置かない

元来、和室には“置き家具”がほとんどないものです。 収納は「押入れ」で全てをまかない、床の間などにちょっとした調度品を置く程度に留め、大きな家具は座卓かちゃぶ台のみ。そして、その時… Continue Reading

Home > Tags > 部屋を広く見せる

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud