Home > Tags > 機能的な部屋のレイアウトを考える

機能的な部屋のレイアウトを考える

5分で出来る!?気分転換に最適な「部屋の模様替え」5つのテクニック

仕事や勉強などが煮詰まってくると、無性にやりたくなるのが「部屋の模様替え」です。 冷静に考えると、単なる”逃避”にも見えるこういった行為も、凝り固まった頭をリフレッシュするための「… Continue Reading

上級者は“抜け”を作る!

色やデザイン・特定のテーマなど、緩やかながらも“共通項”のようなものを持たせることで、部屋全体に心地良い「統一感(まとまり)」を作り出すことが大切です。 そ… Continue Reading

“踊り場”をディスプレイスペースにする。

階段自体に何かを置いてしまうと、通行の邪魔になってしまいますが、動線(階段の上り下り)から外れた“踊り場の隅”などは、ディスプレイポイントとして非常に有効に… Continue Reading

“省スペース家具”を活用する

リビングの中にキッズスペースを設ける場合、充分に広いスペースを確保することは難しいため、テーブル・チェアー・収納などの家具を全て揃えるというのは得策ではありません。 しかし、常に清… Continue Reading

キッズスペースへの“視線”と“動線”を考える

まず、特に重視しなければならないのは「キッチンから目の届くところにキッズスペースを設けること」です。 日中は何かと滞留時間の長いキッチンからの視線は、キッズスペースレイアウトを考え… Continue Reading

リビングにキッズスペースを設ける方法

専用の子供部屋ではなく、家族の目の届く範囲内に“キッズスペース”を作り、そこで遊んでいてもらうようにしたほうが、両親としても何かと安心かと思います。 そんな“キッズスペース”を作る… Continue Reading

部屋の“外”に休憩スペースを作る

ワークスペースがあまりにも狭くて、休憩専用のスペースや椅子などを置くことすらできない、という人は、ワークスペースの“外”に休憩スペースを用意する必要があります。 リビングをラウンジ… Continue Reading

休憩スペースは窓際に確保する

ワークスペースに必要以上の光が当たったり、ポカポカと暖かかったりすると、なかなか作業に集中することができません。また、PCや資料など直射日光が天敵なものもあります。 そこで、休憩ス… Continue Reading

休憩方法に合わせてスペースを作る

人によって“気分転換”の方法は様々です。そして、その方法によって休憩スペースに必要な機能(広さ、アイテムなど)が決まってきます。 今回は、そんな“休憩スペース”のバリエーションをい… Continue Reading

和室にベッドを置く方法

「和室は好きだけど、寝るときは布団でなくベッドで眠りたい。」 こういった考えの方は意外に多いのではないかと思います。ベッド独特のマットレスが気に入っている人もいれば、いちいち布団を… Continue Reading

Home > Tags > 機能的な部屋のレイアウトを考える

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud