Home > Tags > インテリアスタイリング

インテリアスタイリング

“踊り場”をディスプレイスペースにする。

階段自体に何かを置いてしまうと、通行の邪魔になってしまいますが、動線(階段の上り下り)から外れた“踊り場の隅”などは、ディスプレイポイントとして非常に有効に… Continue Reading

“廊下脇の壁”に着目する

廊下脇の壁が空いている場合は、この壁を飾るのも良い方法です。 通常の部屋にある壁と違い、歩いている(動いている)人の視線が基本となる“廊下脇の壁”は、その動線に合わせて「流れ」を作… Continue Reading

廊下の“突き当たり”を飾る

廊下の突き当たりが出入り口になっておらず、袋小路型になっている家の場合、その“突き当たり”の部分こそが廊下を歩く人の視線が最もいきやすい場所になります。 この位置にシンボリックなデ… Continue Reading

“廊下・階段”のインテリア演出

玄関からリビングへと繋がる“廊下”は、インテリアコーディネートの対象からも外されがちな部分かと思います。 しかし“玄関→リビング”への動線をドラマチックに演出するには、それらを繋ぐ… Continue Reading

“魅せるインテリア”と“隠すインテリア”

部屋全体をなるべくスッキリと見せるための最も簡単な方法は、 視覚に入る“モノ”の量を減らす これに尽きます。 そのためには、部屋にあるモノの量自体を減らすのが一番ですが、どうしても… Continue Reading

インテリアを“アレンジ”する楽しみ

“部屋でやりたいこと”に合わせて、必要な機能を最適なレイアウトでまとめる これがインテリアコーディネートの基本ですが、機能的な“だけ”の無機質なインテリアでは面白みがありません。 … Continue Reading

インテリアグリーン(植物)を飾る

水周りのインテリアは“インテリアグリーン(植物)”を飾ることで、一層清潔感(清涼感)を演出することが出来ます。 その場合も、観葉植物のような大きなものを飾る必要はなく、手のひらサイ… Continue Reading

「ディスプレイコーナー」を作る

季節ごとに部屋全体に手を加えるのが、少し億劫だと思う人は、部屋のコーナー部分や玄関などに専用の「ディスプレイコーナー」を作り、そこだけに変化を付けるという方法もあります。 あらかじ… Continue Reading

「季節の花」を飾る

手軽に“季節感”を出すには、 その季節に合った花を飾る というのが最も分かりやすい方法かと思います。 「どんな花を飾ったらいいのか分からない・・・」という人… Continue Reading

“季節感”をインテリアで表現する

ちょっとした模様替えや飾り付けの変化といった “インテリアアレンジ” も、コーディネートの楽しみ方の一つです。 大きな家具を買ったりするだけでなく、ディスプ… Continue Reading

Home > Tags > インテリアスタイリング

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud