Home > インテリアコーディネート&模様替えを「趣味」に! > 少し高くても「良質なもの」を買う

少し高くても「良質なもの」を買う

必ずしも、高価=良質(安価=粗悪)
というわけではないのですが、

“安さ”ばかりを重視するあまりに、

・直ぐ壊れてしまうようなもの
・インテリアに合わないデザインのもの
・必要な機能を備えていないもの

などを買ってしまっては本末転倒です。

信頼できるメーカーやデザイナーの手によって生み出されたアイテムには、『一生モノ』にもなる「本当に“良質”なもの」が多く存在します。

ほとんど使うことのないディスプレイや嗜好品よりも、毎日使う「日用品」にこそ、そういった良質なものを選ぶべきだと思います。

少しくらい高価でも、“本当に良質なもの”を買って長く使い続けたほうが、「お得で賢い買い物」といえるのかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/209.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
少し高くても「良質なもの」を買う from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > インテリアコーディネート&模様替えを「趣味」に! > 少し高くても「良質なもの」を買う

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud