Home > その他 > “廊下脇の壁”に着目する

“廊下脇の壁”に着目する

廊下脇の壁が空いている場合は、この壁を飾るのも良い方法です。

通常の部屋にある壁と違い、歩いている(動いている)人の視線が基本となる“廊下脇の壁”は、その動線に合わせて「流れ」を作り出すようなインテリアディスプレイを施してあげる必要があります。

最も一般的な方法は小さめのフレーム(写真、絵など)を等間隔にいくつか並べる方法です。これならば空間に“リズム”を作り出すことも出来ますし、飾る写真や絵のセレクトによって、住み手の個性(センス)を表現することも可能です。

また、“廊下”という場所をよりドラマチックに演出する方法として、あえて廊下を暗くし、足元に等間隔に小さな照明を配置する、というテクニックがあります。

これらはショップやレストランなどでも使われているテクニックですが、個人宅においても非常に有効な方法です。ぜひ皆さんも試してみてください。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/206.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
“廊下脇の壁”に着目する from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > その他 > “廊下脇の壁”に着目する

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud