Home > その他 > 廊下の“突き当たり”を飾る

廊下の“突き当たり”を飾る

廊下の突き当たりが出入り口になっておらず、袋小路型になっている家の場合、その“突き当たり”の部分こそが廊下を歩く人の視線が最もいきやすい場所になります。

この位置にシンボリックなディスプレイを飾ることによって、廊下全体が引き締まり、より一層洗練された印象を与えることが出来ます。

壁面が空いていれば写真やアートフレームなどを飾ってもいいですし、綺麗な花を生けてみてもいいかもしれません。スポットライトを当てたりするのも良い演出方法です。

また、突き当りの壁に大きな姿見などを置いておくと、廊下に“奥行き”を感じさせることができます。廊下が狭かったり短かったりする家の場合は、こういったテクニックを用いてみるのもオススメです。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/205.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
廊下の“突き当たり”を飾る from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > その他 > 廊下の“突き当たり”を飾る

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud