Home > その他 > “廊下・階段”のインテリア演出

“廊下・階段”のインテリア演出

玄関からリビングへと繋がる“廊下”は、インテリアコーディネートの対象からも外されがちな部分かと思います。

しかし“玄関→リビング”への動線をドラマチックに演出するには、それらを繋ぐ廊下にも“こだわり”を見せる必要があります。玄関に入った客人はリビングへと続く廊下を必ず通りますし、そこにさりげなくインテリアコーディネートが施してあれば、客人に与える印象も一味違ってくることでしょう。

また、最近では二階にリビングを配置する家も増えてきました。この場合、廊下だけでなく一階と二階とを繋ぐ“階段”にも注意が必要です。

そんな“廊下”や“階段”をコーディネートする際のポイントについてまとめてみました。

廊下の“突き当たり”を飾る
廊下を歩く人の視線は“突き当たり”へといきやすいものです。

“廊下脇の壁”に着目する
廊下脇の壁は、意外と忘れがちなディスプレイポイントの一つです。

“踊り場”をディスプレイスペースにする。
階段の踊り場は「ミニディスプレイコーナー」にするのに最適なスポットです。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/204.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
“廊下・階段”のインテリア演出 from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > その他 > “廊下・階段”のインテリア演出

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud