Home > 子供部屋 > はじめは子供部屋を作らない

はじめは子供部屋を作らない

まだまだお子さんが小さなうちは、専用の部屋を用意する必要はありません。

物心付かないうちから子供を個室に閉じ込めてしまうのは、子供の成長を考える上でもあまり好ましいとはいえませんし、出来れば何時でも親の目の届く場所で遊んでいてもらいたい、というのが心情でしょう。

そこで、はじめのうちはあえて「子供部屋」というものを用意せずに、リビングなどの一角に“キッズスペース”を作ってあげるようにしましょう。子供部屋を用意するのは、お子さんが“自我”に目覚めた時になってからでも遅くはありません。

引越しの際なども、まだお子さんがいない(または小さな)うちから子供部屋も用意した住まいを選んでしまう人が多いのですが、住まいというのは、住み手の成長・変化に合わせて柔軟にその形を変えていくべきものです。

はじめはお父さんの書斎や物置部屋として使ったりしていた部屋を、お子さんの成長に合わせて子供部屋へとコンバーション(用途変更)していく、というのが自然なやり方ではないでしょうか?

どうしても部屋が足りなくなったり手狭になったら、その都度自分達の生活環境に合った住まいに引っ越すようにするのが、一番賢い方法なのかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/195.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
はじめは子供部屋を作らない from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > 子供部屋 > はじめは子供部屋を作らない

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud