Home > 勉強部屋・仕事部屋 > 休憩スペースは窓際に確保する

休憩スペースは窓際に確保する

ワークスペースに必要以上の光が当たったり、ポカポカと暖かかったりすると、なかなか作業に集中することができません。また、PCや資料など直射日光が天敵なものもあります。

そこで、休憩スペースはなるべく窓際に作り、作業スペースは部屋の奥に作るようにすると、双方のスペースにとって最適な環境を確保することができます。

窓から外の景色を眺めるだけでも、ある程度のリラックス効果が期待できます。また、遠くのものを見ることで目の疲れを癒すこともできます。

休憩時間でしっかりと外の空気を吸い、太陽の光を浴びることで、心身ともにリフレッシュした状態を作り出し、快適な作業へとつなげていきましょう。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/193.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
休憩スペースは窓際に確保する from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > 勉強部屋・仕事部屋 > 休憩スペースは窓際に確保する

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud