Home > 勉強部屋・仕事部屋 > “時間を守る”ためのモノを用意する

“時間を守る”ためのモノを用意する

休憩をとる際に最も大事なことは「時間をしっかりと決める」ということです。

気分転換代わりの読書やゲームに熱中して、いつまでも仕事(勉強)が再開できなくなってしまう、という経験がある人は非常に多いかと思います。

作業を効率よく進めるための休憩時間がこれでは本末転倒です。そこで、休憩スペースには時間を知らせる“何か”を用意し、決められた休憩時間を遵守するように心がけましょう。

時計を目に見える位置に置く

時間を守るための定番アイテムといえば“アラーム付き時計”です。しかし、ただ単に時計を用意するだけでは少し心配です。

そこで、その時計を“視界に入る位置”にわざと置くようにしてみましょう。

テレビの真横やテーブルの上に置くのもいいですし、休憩用に腕時計を身に付けるというのもいいかもしれませんね。

休憩時間の長さの“音楽リスト”を作る

自分のお気に入りの音楽のプレイリストを、休憩時間の長さに合わせて編集したものを用意する、というのも有効的な方法です。

これならば、プレイリストが終わることで休憩時間の終了が分かりますし、BGMとしてのリラックス効果も期待できます。

再生が終了したことがしっかりと分かるように大きめの音量で流すことと、ラストの曲を“終わり”を感じさせるものにすることがコツです。


関連する記事はこちら!

  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/192.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
“時間を守る”ためのモノを用意する from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > 勉強部屋・仕事部屋 > “時間を守る”ためのモノを用意する

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud