Home > 勉強部屋・仕事部屋 > 休憩方法に合わせてスペースを作る

休憩方法に合わせてスペースを作る

人によって“気分転換”の方法は様々です。そして、その方法によって休憩スペースに必要な機能(広さ、アイテムなど)が決まってきます。

今回は、そんな“休憩スペース”のバリエーションをいくつかピックアップしてみました。

カフェスペース

コーヒーや紅茶を楽しんだり、お菓子を食べたりして休憩する人のためのスペースです。

チェアーの形に合わせたカフェテーブルを用意するのが基本ですが、場合によってはカフェトレイやワゴンなどを組み合わせても良いかもしれませんね。

読書スペース

本や雑誌などを読んで休憩する人のためのスペースです。

読みかけの本を置いておく小さな本棚やキャスター付きのキャビネット、マガジンラックなどを組み合わせると良いかと思います。

AVスペース

テレビやDVDを見たり、ゲームをしたりして休憩する人のためのスペースです。

出来る限りコンパクトにまとまるように、薄型のテレビを選んだりノートPCなどで代用するようにすると良いかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/191.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
休憩方法に合わせてスペースを作る from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > 勉強部屋・仕事部屋 > 休憩方法に合わせてスペースを作る

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud