Home > ベッドルーム > 朝起きたときの“視線”に注目する

朝起きたときの“視線”に注目する

ベッドルームによって「快適な睡眠」を追求するなら、“寝る前”“睡眠中”のことだけでなく、快適な“目覚め”についても考えなければいけません。

快適な睡眠にこだわればこだわるほど、その心地良いベッドから起きることが辛く、困難なものになってしまう、というのは皮肉なものです。

それでも、出来る限り良い気分で目が覚めるようにするためは、朝起きたときの“視線”に着目するのが効果的なテクニックです。

目を開けたとき最初に目に入るのは、ベッド真上の天井です。ここにお気に入りのファブリックやポスターを貼るというのは、古典的ながらも非常に高い効果があります。

また、同じく目に入ることが多い「目覚まし時計」についても、目覚まし音だけでなく“見た目”にもこだわって愛着が湧くものを選びたいところです。

他にも、体を起こした時に自然と窓が目に入るような位置にベッドを配置し、目覚めて直ぐに窓を開け、朝の気持ちの良い光や風を楽しむ習慣を身に付けると、より快適な目覚めが演出できるのではないかと思います。


関連する記事はこちら!

  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/185.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
朝起きたときの“視線”に注目する from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > ベッドルーム > 朝起きたときの“視線”に注目する

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud