Home > ベッドルーム > 間接照明で柔らかな光を演出

間接照明で柔らかな光を演出

ベッドルームは「就寝」のための部屋です。

そのための部屋に、備え付けのシーリングライトやダウンライトなどの「全体照明」では、いささか明るすぎるかと思います。必要以上に強い光は、ベッドに入っても眼も覚めてしまい、なかなか体が“睡眠用”に切り替わってくれないという問題があるのです。

そこで活躍するのが、最低限の光を必要な場所にだけ確保することが出来る「間接照明」です。

天井にあらかじめ設置してある全体照明とは別にフロアライトを置いたり、ベッド脇にサイドテーブルと一緒に読書灯にもなるスタンドライトなどを置けば、就寝までのリラックスした時間を過ごすのに必要な光を、効率的に得ることが出来ます。

ベッドルームは夜の持つ“闇の空間”を楽しむ部屋でもあります。

間接照明によって得られる微かな光や、それらが壁や天井に作り出す陰影を見ていると、自然と心が落ち着き、快適な睡眠へと意識が誘われていくことでしょう。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/182.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
間接照明で柔らかな光を演出 from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > ベッドルーム > 間接照明で柔らかな光を演出

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud