Home > 和室 > “置き畳”の活用法

“置き畳”の活用法

タイルカーペットのような手軽さで、畳(和室)本来の魅力を味わうことができることで、最近人気を集めているのが、正方形で畳縁のない「置き畳」といわれる畳です。

今回は、そんな置き畳の活用法をいくつかまとめてみました。

“和モダン”なインテリアに取り入れる

置き畳は通常の畳にある“畳縁”がないため、見た目にも非常にスッキリとした印象を与えます。そんな置き畳を上手にインテリアコーディネートに取り入れれば、“いかにも”な和室ではない、モダンなイメージの和室インテリアを作り上げることができます。

市松デザインを生かして、タイルパターンで遊ぶ

異なる色の置き畳を組み合わせることで、モザイクタイルのようなデザインパターンを楽しむことができるのも、置き畳の魅力の一つです。

あまり派手なものを好まない人は、畳の目の向きを交互にしてあげるだけでも、適度なリズム感を持った素敵な市松模様を作り上げることが可能です。

洋室の中に「簡易和室」を作る

和室がないマンションや一戸建てなどでも、リビングの一角に置き畳を敷くことで、簡易的な和室スペースを作り上げることが可能です。

日本人に親しみのある“畳に寝転がる心地よさ”。そんな極上のリラックススペースを作ってみてはどうでしょうか?


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/177.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
“置き畳”の活用法 from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > 和室 > “置き畳”の活用法

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud