Home > 和室 > 「押入れ」をムダにしないための3つの活用テクニック

「押入れ」をムダにしないための3つの活用テクニック

マンションなどでも特に上手に活用できていないスペースの一つが、和室に備え付けの「押入れ」です。

そもそも和室は収納スペースをそれほど必要としていないため、押入れの効果的な活用法が見出せずに、“引っ越してから一度も開けていないダンボール箱をしまいこんでしまう”といった、もったいない使い方をしている人が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そんな「押入れ」を効果的に活用するテクニックをいくつかピックアップしてみました。

リビング用の「収納庫」にしてしまう

一般的なマンションの間取りでは、リビングと和室とが隣り合っているケースが多いかと思います。そこで、和室の押入れを「リビング専用の収納スペース」にしてしまうというのも一つの手です。

元よりリビングにはそれほど収納スペースは必要でないため、上手に押入れを活用すればその分リビングスペースを広く使うことが出来ます。

「シーズンアイテム」を収納する場所にする

1年に数回しか使わなかったりするものや、季節外れの洋服などをまとめて収納するスペースとして、和室の押入れを使うという方法もあります。

いわば、簡易的な「蔵」のようなものですね。

押入れを「収納以外の目的」で使う

「特に何も押入れの中に収納する必要がない」という人は、いっそのこと押入れを「収納庫」以外に活用できるようにリフォームしてしまうというのはどうでしょうか?

単純な“奥まった空間”として床の間のような使い方にすることも出来ますし、「狭い部屋のほうが落ち着ける(集中できる)」という人は、ちょっとした作業スペースを作ってしまうというのもいいかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/176.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「押入れ」をムダにしないための3つの活用テクニック from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > 和室 > 「押入れ」をムダにしないための3つの活用テクニック

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud