Home > 和室 > 思い切って何も置かない

思い切って何も置かない

一般的なマンションの間取りの中でも(リビングやダイニング・ベッドルームなどと違い)比較的決まった役割を与えられていない“和室”という空間は、出来る限り余計な家具を置かずにしておくのが賢いやり方です。

そこで、いっそのこと

和室にはあえて何も置かない

というのはどうでしょうか?

元来、日本家屋の住まい方の基本は、生活空間と収納空間(収納庫、蔵など)とを切り離し、必要なモノを収納空間から生活空間にその都度運び、使用したら元に戻す、というのが一般的でした。

部屋の使い方を限定しないことで、様々な作業を1つの部屋で行えるようにするこのやり方は、アパートやワンルームマンションなどのインテリアコーディネートにとってもよい見本になるかと思います。

「何もない、比較的狭い空間」というのは、作業や思索などに集中するのに非常に適しているといわれています。

極力モノを置かない和室を「家族共用の多目的スペース」として位置づけることで、それぞれが思い思いに趣味の作業を行ったり、気分転換したりといった自由な使い方を楽しむことが出来るようになるはずです。

その場合、汎用性が高く使わない時はコンパクトに収めておくことが出来る「ちゃぶ台」と座布団くらい用意してあると、いろいろと便利かもしれませんね。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/175.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
思い切って何も置かない from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > 和室 > 思い切って何も置かない

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud