Home > キッチン > カウンターキッチンのポイント

カウンターキッチンのポイント

一般的な「オープンキッチン」に代わって、最近マンションなどで増えてきたのが、ダイニングルームと対面する形にキッチンを配置した「カウンターキッチン」です。

小部屋のようなキッチンに大きめの窓を開けたものから、ダイニングルームとの繋がりを重視してカウンターのみを立ち上げたタイプのものなど、既存のキッチンからのリフォームがしやすいというのも特徴の一つであり、最近ではキッチンレイアウトのスタンダードになりつつあります。

そんなカウンターキッチンのメリット・デメリットをまとめてみました。

既存のキッチンからのリフォームが容易

先程も述べたように、従来型のオープンキッチンや小部屋タイプのキッチンからのリフォームがしやすい、というのがカウンターキッチンのメリットの一つです。

“キッチン-ダイニング”のコミュニケーションが図れる

キッチンとダイニングとが自然と向かい合う形になるカウンターキッチンは、料理をする人とダイニングテーブルにいる人とのコミュニケーションを重視したキッチンレイアウトといえます。

料理を振舞うことが好きな人にとって、キッチンに篭りながらダイニングとの会話が楽しめるカウンターキッチンは、まさに最適なプランといえます。

調理スペースなどを広く確保できる

従来型のI型キッチンだけでなく、L型やコの字型のキッチンのレイアウトが可能なのも、カウンターキッチンのメリットです。

調理台を充分に確保したい人や、シンクを2箇所作りたい人など、多様な要望に対応することができます。

収納スペースを広げることが出来る

オープンキッチンよりもスペースに余裕があるので、食器棚や各種キッチン収納などが、機能的かつ充分な量確保できる、というのも魅力的です。

動線が複雑になりがち

カウンター部分やダイニングテーブルのレイアウトをきちんと考えないと、キッチン-ダイニング間の動線が複雑になってしまうので注意が必要です。


関連する記事はこちら!

  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/170.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
カウンターキッチンのポイント from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > キッチン > カウンターキッチンのポイント

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud