Home > キッチン > オープンキッチンのポイント

オープンキッチンのポイント

一昔前までの一戸建てやアパート・ワンルームマンションなどで一般的なキッチンといえば、壁沿いに調理台・シンク・レンジが並ぶ「オープンキッチン」です。

そんなオープンキッチンのメリット・デメリットをまとめてみました。

省スペース

比較的狭いスペースでもキッチンに必要な設備を一通り配置できるオープンキッチンは、それ故にアパート・ワンルームマンションなどでは、今でも広く取り入れられています。

動線がスムーズ

キッチンとダイニングテーブルとの間に遮蔽物や距離がないため、料理を運んだり食器を片付けたりといった動線が、最も効率的に確保できる方法でもあります。

“キッチン-ダイニング”のコミュニケーションが微妙

オープンキッチンの場合、ダイニングテーブルをキッチンの傍に置くことが多いため、料理をしている人とダイニングとの距離が自然と近くなります。

しかし、料理をしている人はダイニングに背を向ける形になってしまうため、コミュニケーションという点では最適とはいえません。

キッチン全体が見えてしまう

キッチンとダイニングを遮るものが無いため、キッチンの全貌がダイニングから丸見えになってしまうという問題点もあります。

しかし、逆を言えば見た目にこだわった“魅せるキッチン”を考えるには、最適な環境ともいえます。


関連する記事はこちら!

  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/169.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
オープンキッチンのポイント from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > キッチン > オープンキッチンのポイント

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud