Home > ダイニングルーム > “予備の椅子”はまとめやすいものを選ぶ

“予備の椅子”はまとめやすいものを選ぶ

ダイニングチェアーの数といえば“4個”が一般的だと思いますが、来客時やホームパーティーなどの際には、それ以上の数が必要になることが多いかと思います。

しかし、そういった事態を想定して普段から椅子を6~8個もダイニングルームに並べておく、というのは、充分なスペースがある家庭であっても、あまり賢いやり方とはいえません。

そういった時は「フォールディング(折りたたみ)」タイプ「スタッキング(重ね合わせ)」タイプのものを選ぶのがオススメです。

使わない時はコンパクトにまとめておくことが可能な椅子でしたら、スペースを無駄にすることなく余裕を持って椅子を揃えておくことが出来ます。

最近では、こういったタイプの椅子でも座りやすくデザインに優れたものも増えてきていますので、いっそのことダイニングルームの椅子を全てこのタイプの椅子で揃えてしまうというのもいいかもしれません。

また、上記のような椅子だけでなく、背もたれのない小さめのサイズで、物置台や収納代わりになるタイプもある「スツール」もおすすめです。

前回紹介した「エクステンションテーブル」にこれらの椅子を組み合わせて使用すると、さらに柔軟性に富んだダイニングスペースを作ることが出来るのではないでしょうか?


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/160.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
“予備の椅子”はまとめやすいものを選ぶ from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > ダイニングルーム > “予備の椅子”はまとめやすいものを選ぶ

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud