Home > ダイニングルーム > 「ダイニングテーブル」を美しくレイアウトする4つの配置テクニック

「ダイニングテーブル」を美しくレイアウトする4つの配置テクニック

ダイニングルームのインテリアコーディネートを考える際は、やはり主役である『ダイニングテーブル』を基準にするのが一番です。

「ダイニングテーブル」をレイアウトするための基本は「平行配置」「垂直配置」です。

壁やキッチンカウンターなどと平行、もしくは垂直にダイニングテーブルを配置すると、見た目も良く、動線的にも使い勝手が良いダイニングスペースを手軽に作り上げることが出来ます。

具体的なレイアウトテクニックは次の4つです。

キッチンと平行、片側の壁付けで配置

これがダイニングテーブルの最も無難なレイアウト方法です。一般的なI型のオープンキッチンとも相性が良く、動線的・スペース的にも有効ですが、少し面白みに欠けるのも事実です。

バルコニーに面した窓に平行(垂直)に配置

開放的なダイニングを演出したい場合は、開口部の近くにダイニングテーブルを置く方法がおすすめです。

太陽の光を存分に浴びた“カフェ風”のテーブル席を作ってもいいですし、窓からの眺めが良いマンションなどでは、夜景を楽しみながらのディナーなども良いかと思います。

キッチンカウンターに垂直に配置

キッチンとダイニングとで会話を楽しみながらの食事を楽しみたい場合は、この方法が最適です。

料理をしながらテーブルとの会話にも参加できるこのレイアウトは、ホームパーティーなどにも向いています。

コーナーに配置、壁側の椅子をベンチにする

キッチン&ダイニングスペースにあまり余裕がない場合は、限られたスペースを有効に活用するために部屋のコーナー部にテーブルを置くという方法もあります。

その際はテーブルと壁に挟まれた場所に椅子ではなくベンチを置き、壁を背もたれ代わりに使うと、更にスペースを節約することが出来ます。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/158.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
「ダイニングテーブル」を美しくレイアウトする4つの配置テクニック from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > ダイニングルーム > 「ダイニングテーブル」を美しくレイアウトする4つの配置テクニック

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud