Home > リビングルーム > 壁面付けのソファは「中心線」を意識する

壁面付けのソファは「中心線」を意識する

ソファを壁につけて配置する場合、壁面の意匠などを考慮して“中心線”を揃えるようにすると、ぐっと落ち着いた雰囲気にまとめることができます。

また、背後の壁に絵や写真などの“フレームアート”を飾ったり、壁掛け時計を付けることによって、より“中心線”を意識させるようにすると、一層強い高価を生み出すことが出来ます。

他にも、サイドテーブルをソファ脇に置く場合は、その逆側に観葉植物やフロアスタンドをレイアウトするなど、「シンメトリー(対称性)」を意識するようにすると、バランスの取れた美しいインテリアコーディネートに仕上がります。

その際は、部屋にあるモノの量を極力減らし、“静謐”な雰囲気を演出すると良いかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/154.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
壁面付けのソファは「中心線」を意識する from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > リビングルーム > 壁面付けのソファは「中心線」を意識する

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud