Home > リビングルーム > わざと“フリースペース”を作る

わざと“フリースペース”を作る

元来、それほど大きな収納を必要としないリビングは、出来る限りスッキリとした状態を保っておくというのが基本です。

特に、来客時にお客様をもてなす空間を兼ねることも多いリビング(&ダイニング)は、あまりゴチャゴチャとさせたくないのが心情かと思います。

しかし、ソファセットやテレビ・オーディオ機器など、大きな家具・家電を置くことが多いリビングは、いつの間にか狭苦しい空間になってしまうこともしばしばです。

そういった場合は、わざと何も置かない「フリースペース」を設けてあげることで、空間に“抜け”を作ってみてください。モノでゴチャゴチャした部分があっても、どこかに“抜け”を作っておくことで、空間全体としてスッキリとした印象に見せることが出来るからです。

フリースペースはダイニングとの心理的な仕切り代わりにしてもいいですし、どうしても床にスペースがない場合は、どこかの壁一面をフリースペースにするという方法もあります。

モノで溢れた贅沢さよりも“モノがない贅沢さ(空間の豊かさ)”を感じることで、貴方のインテリアコーディネートはさらに魅力的なものになるでしょう。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/148.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
わざと“フリースペース”を作る from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > リビングルーム > わざと“フリースペース”を作る

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud