Home > その他 > 玄関は“ドラマチックな演出”を。

玄関は“ドラマチックな演出”を。

玄関は「家の顔」です。

あなたの家を訪れたお客さんは“玄関を開けて目に入る光景”がその家(のインテリア)における第一印象となります。よって、自分の好みやセンスを最大限生かしつつ、来客者が「どんな家なのだろう?」と期待するような演出を心がけなくてはなりません。

玄関脇(下駄箱の上)などに、さりげなく季節の花など飾り、シーズンごとにディスプレイを変えたりするだけでもいいかもしれませんし、廊下の壁沿いをギャラリー代わりにして絵や写真などを飾ったりする家もあります。

玄関の次に来客者の印象に残るのは“エントランスを抜けてはじめてリビングの扉を開けたときの光景”です。

よって、“玄関→廊下→リビング”のインテリアにメリハリを付け、よりドラマチックな演出を考えてみましょう。間となる廊下は少し暗めにして、ワクワク感を盛り上げるのもいいかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/147.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
玄関は“ドラマチックな演出”を。 from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > その他 > 玄関は“ドラマチックな演出”を。

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud