Home > 和室 > 背の高い家具を置かない

背の高い家具を置かない

元来、和室には“置き家具”がほとんどないものです。

収納は「押入れ」で全てをまかない、床の間などにちょっとした調度品を置く程度に留め、大きな家具は座卓かちゃぶ台のみ。そして、その時々に合わせて使うものを外から持ってくるというのが一般的な和室の使い方です。(日本旅館などのインテリアを思い浮かべみてください。)

床に座って生活する和室では、目線の高さが低い分、部屋が広く見えるメリットがある反面、背の高い家具を置くことで生じる“圧迫感”が、洋室よりもはるかに大きいという特徴があります。

そこで、そういった背の高い・大きな家具は、出来る限り置かないように心がけるのが、和室インテリアコーディネートの基本です。

「背の高い家具を置かない」とはいっても、座卓や座椅子のような典型的な和家具以外にも、モダンなデザインのローテーブルやローチェアーといったものありますし、どうしてもベッドで眠りたいという人も、脚の短いロータイプのベッドもあります。

和室だからといっても、通り一辺倒な「和室インテリア」にこだわる必要はありません。床に座るという「和室」の特徴を上手に生かして、シンプルモダンなインテリアコーディネートを考える、というのも面白いかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:1

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/138.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
背の高い家具を置かない from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル
pingback from ちょっとの工夫でオシャレになる「畳部屋」のレイアウト - SocialMediaLabo - ソーシャルメディアラボ 2015/8/2 日曜日

[…] 出典背の高い家具を置かない – インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル […]

Home > 和室 > 背の高い家具を置かない

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud