Home > キッチン > 使い勝手の良いキッチンとは?

使い勝手の良いキッチンとは?

ダイニングと隣接して計画されることが多いキッチンスペースは、調理している人とダイニングにいる人との関係性やそれぞれのスペースへの動線を考え、最適な配置を考える必要があります。

最近ではキッチンを1つの部屋として設けるというよりも、カウンターキッチンやオープンキッチン、アイランドキッチンなどのダイニングとの繋がりを意識したキッチンが主流となりつつあります。

これらのキッチンはキッチンとダイニングとで会話が楽しめたり、みんなで一緒に料理を作ったりするのに適しているので、ホームパーティーなどを想定したライフスタイルの提案と共に、マンションなどで積極的に取り入れられているようです。

また、キッチン内のレイアウトに関しても、自分の料理スタイルをしっかりと把握した上で、最も使いやすいシンク・レンジ・収納・調理台などのバランスを考えなければいけません。

“料理スタイル”というものは、慣れている人ほど独自のものを持っている傾向が強く、それ故に「使い勝手の良いキッチンの形」というのも千差万別です。シンクや調理台が複数あるキッチンもあれば、それらを全て手の届く範囲に収めた非常にコンパクトなキッチンのほうが良い、という人もいます。

新しくキッチンを計画する場合は、現在使っているキッチンの良い部分と悪い部分を改めて見直して、自分にとって最も使い勝手の良いキッチンを考えるようにしてみてください。


関連する記事はこちら!

  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://interiorcoordinate.net/archives/137.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
使い勝手の良いキッチンとは? from インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

Home > キッチン > 使い勝手の良いキッチンとは?

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud