インテリアレイアウト&部屋の模様替えマニュアル

部屋に”統一感”を出すための「家具選び」6つのポイント

インテリアコーディネートや模様替えを行ううえで多い悩みの一つが、「部屋に“統一感”がない。」といったものです。 せっかくお気に入りの家具やデザイン家電を買ったのに、部屋に置いてみる… Continue Reading

5分で出来る!?気分転換に最適な「部屋の模様替え」5つのテクニック

仕事や勉強などが煮詰まってくると、無性にやりたくなるのが「部屋の模様替え」です。 冷静に考えると、単なる”逃避”にも見えるこういった行為も、凝り固まった頭をリフレッシュするための「… Continue Reading

“手に入れるまでの時間”をじっくりと楽しむ

本当に「良質なもの」を買おうとすれば、自然とそれなりに値段が張るものを選ぶことが多くなるでしょう。 そういったものは、直ぐに購入することが難しいかもしれませんし、そのためにコツコツ… Continue Reading

少し高くても「良質なもの」を買う

必ずしも、高価=良質(安価=粗悪) というわけではないのですが、 “安さ”ばかりを重視するあまりに、 ・直ぐ壊れてしまうようなもの ・インテリアに合わないデ… Continue Reading

上級者は“抜け”を作る!

色やデザイン・特定のテーマなど、緩やかながらも“共通項”のようなものを持たせることで、部屋全体に心地良い「統一感(まとまり)」を作り出すことが大切です。 そ… Continue Reading

“踊り場”をディスプレイスペースにする。

階段自体に何かを置いてしまうと、通行の邪魔になってしまいますが、動線(階段の上り下り)から外れた“踊り場の隅”などは、ディスプレイポイントとして非常に有効に… Continue Reading

“廊下脇の壁”に着目する

廊下脇の壁が空いている場合は、この壁を飾るのも良い方法です。 通常の部屋にある壁と違い、歩いている(動いている)人の視線が基本となる“廊下脇の壁”は、その動線に合わせて「流れ」を作… Continue Reading

廊下の“突き当たり”を飾る

廊下の突き当たりが出入り口になっておらず、袋小路型になっている家の場合、その“突き当たり”の部分こそが廊下を歩く人の視線が最もいきやすい場所になります。 この位置にシンボリックなデ… Continue Reading

“廊下・階段”のインテリア演出

玄関からリビングへと繋がる“廊下”は、インテリアコーディネートの対象からも外されがちな部分かと思います。 しかし“玄関→リビング”への動線をドラマチックに演出するには、それらを繋ぐ… Continue Reading

濃い色の洗面化粧台を選ぶ

ホテルのようなイメージのバスルーム(洗面室)を目指す人は、黒や茶などキャビネットの色が比較的濃いタイプの洗面化粧台を選んでみましょう。 存在感のある大きな家具を、マットブラックやウ… Continue Reading

Home

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud